新車 楽しみ

新車が来ることを楽しみに待っています。

現在、私は、43歳です。
8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。

私の家には、車が2台あります。
1台目の車種は、日産のエクストレイルでして、主に私が乗っています。
2台目の車種は、日産のステージアでして、主に主人が乗っています。
主人が乗っているステージアは、今年で19年目になります。
最近、ステージアは、スピードメーターが動かなくなったり、カーナビの液晶が映らなくなったりと、トラブル続きでした。

ところが、先日、とうとうステージアが動かなくなりました。
朝、主人が会社へ乗っていこうと、ステージアを動かしたら、動かないのです。

仕方がありませんので、私のエクストレイルを主人にかしてあげました。
以前から、主人は、19年目のステージアを買い替えなくてはいけないと思っていました。
私は、息子の幼稚園費かかるあと一年だけ、車の買い替えを待つように主人に言っていました。

しかし、車が動かないとなると、買い替えしかありません。
やはり、我が家には、車が2台必要なのです。
主人は、新車選びを楽しんでいまして、以前から目を付けておいたスバルのインプレッサを気に入っているようです。
私は、エクストレイルが、比較的大きな車ですので、主人には、お金のかからない軽車をすすめているのです。
しかし、最近主人は、スバルのインプレッサを買う意志をかためたみたいです。

車は、高い買い物ですが、新車がくるとなると、私も楽しみです。

生まれて初めてのバッティングセンター

生まれて初めてのバッティングセンター

最近、友人とバッティングセンターに行きました。

私は障害者で下肢に障害がありますがスポーツが好きで、小さいころから公園でよく友達と野球やサッカーなどをしていました。
スポーツ全般を見るのも好きで、野球やサッカー、オリンピックのシーズンはよくテレビを見ています。


そんな私ですがバッティングセンターには今まで行ったことがありませんでした。
そのため、球速120キロがどのくらいのスピードなのかもはっきりとは分かりませんでした。
初めてバッティングセンターに行き120キロの球を間近で体験すると、想像をはるかに超える速さでした。
打とうと思っても球の速さにバットを振るスピードが追い付かず空振りばかりでした。
やる前は120キロくらいなら何球かはバットに当たるだろうと思っていただけに少しショックでした。


また、何回かバットを振っていると足がつってしまい立てなくなってしまいました。
それでもどんどん球が飛んできてもう少しで体に当たりそうになりました。
怖かったです。
軟球だったので当たってもそれほど痛くはなかったとは思いますが、これが硬球だったらもっと怖かったと思います。
150キロの球を打つ野球選手は改めてすごいなと思いました。

一緒に行った友人は学生時代に野球をやっていただけあってそこそこ打ち返していました。
少し残念な経験でもありましたが楽しかったです。

↑ PAGE TOP